短腸症候群

短腸症候群(SBS)は、病気やけがによる手術で腸の大部分を切除した時に発症します。短腸症候群になると、食べ物を消化する過程において、小腸から栄養素や水分を十分に吸収できなくなるため、命に関わることもありま1。希少な消化器疾患で、まれに先天性の場合もあります2

体内の老廃物排出のために、人工肛門を装着する患者さんもいます1。切除された腸の長さや残った腸の機能が、短腸症候群の患者さんの予後を考える上で重要な要素となります3。短腸症候群の主な症状は、下痢、脱水、栄養欠乏、体重減少で、いずれも腸の機能が低下することに関連しています。

短腸症候群(SBS)に関するより詳細な情報については以下のサイトをご覧ください。

http://www.shortbowelsupport.jp

REFERENCES

  1. Hofstetter S, Stern L, Willet J. Key issues in addressing the clinical and humanistic burden of short bowel syndrome in the US. Curr Med Res Opin. 2013;29(5).
  2. Short Bowel Syndrome. National Organization for Rare Disorders. https://rarediseases.org/rare-diseases/short-bowel-syndrome/. Published 2011 and 2014. Accessed Sept. 22, 2015.
  3. Buchman AL, Scolapio J, Fryer J. AGA technical review on short bowel syndrome and intestinal transplantation. Gastroenterology 2003;124:1111–34.

クッキーの使用に関する通知

このサイトでは利用者の方々に即応的で、個々のニーズに合わせたサービスを提供するためにクッキーを使用しています。このサイトを利用することにより、利用者は弊社のクッキーの通知に表示されている通り、弊社のクッキーの使用に同意することになります。弊社が使用するクッキーについての詳細と、クッキーの使用を削除またはブロックする方法については、プライバシー通知 をお読みください。詳細はこちらをご覧ください。 詳細を見てみましょう